伊良部方面へファンダイビングと体験ダイビング(4/14)

2018年4月14日 天気:晴れ 気温:25℃ 水温:23.6℃ 風:南東→南

本日は3ボートファンダイビングのゲストと午後から体験ダイビングにご参加のゲストをお迎えして伊良部方面へ行って来ました。

【ダイブ1 崖下】

宮古島 ファンダイビング 崖下 スネークホール
崖下

ファンダイバーチームと体験ダイバーチームに分かれてダイビング。
ファンダイバーチームはスネークホールに向かいエアドームに浮上!
ドーム内ではうっすらと霧が立ち込めました。
水中を見るとブルーがとってもキレイです。
スネークホールの近くの大きな根ではアカククリが短いトンネル内にいました。
サザナミヤッコも一緒に見ながら根の周りでウミウシ探し。
ハナダイの根では体験ダイバーチームがキンギョハナダイと戯れながら遊んでいました。

【ダイブ2 クロスホール】

宮古島 ファンダイビング クロスホール
クロスホール

2本目はクロスホールへ。
今日はたくさんのボートが停まっていました。
体験チームとファンチームに分かれてダイビング。
ファンダイビングチームはクロスホール入口に向かってエントリー。
水深25mほどの場所に横穴がありここからクロスホールへ入っていきます。
ホールに入るとハタンポの群れが水中ライトに当たりピカピカ光ってとってもキレイです。
少し濁りがあったホールでしたが、ホールに差し込む光はとってもキレイです。
北海道に見えるホールの穴、北海道に向かって浮上するとバブルまみれ!
とってもたくさんのバブルが出ていました。
浅瀬を移動しながらボートに戻って来ました。
体験ダイバーのゲストも地形を楽しみながら遊んで来ました。

【ダイブ3 L字アーチ & Wアーチ】

宮古島 ファンダイビング ワープホール
ワープホール

体験ダイバーはWアーチ、ファンダイビングチームはL字アーチとWアーチを潜って来ました。
ファンダイビングチームはエントリーして真っ直ぐL字アーチへ。
大きな穴とアーチが見えアーチを超えたところで水深35mまで潜降していくと大きなロウニンアジがいました。
大きなアーチをくぐりワープホールへ。
入口付近にはたくさんのヨスジフエダイが群れノコギリダイがところどころに混ざっています。
ホールに入るとアカマツカサやホウセキキントキが群れカノコイセエビとショウグンエビが岩陰に見えました。
アカマツカサを掻き分けるようにホールを抜けWアーチへ。
短いトンネルを抜けると右上にはハートのアーチ!
体験ダイビングチームもハートのアーチと一緒に写真を撮っていました。
みんなとっても楽しそうにダイビングして来ました。

スタッフ大募集!
宮古島ダイビングアクアティックアドベンチャーではダイビングスタッフを募集中。
日本人に限らず外国人の方も経験者、英語・中国語話せる方大歓迎!
詳しくはメールまたは下記までお問合せください。
TEL 0980-79-5009
recruit@miyako-aquaticadventure.com

ご予約は
TEL 0980-79-5009
ご予約送信フォーム

アクアティックアドベンチャー公式LINE
ID : @miyakojima_diving

LINEで送る

伊良部方面へ3ボートファンダイビングと体験ダイビング(3/14)

2018年3月14日 天気:晴れ 気温:22℃ 水温:22.4℃ 風:南東

本日も南寄りの風のため伊良部島方面へ3ボートファンダイビングと3ボート体験ダイビングに行って来ました。

【1本目 クロスホール】

宮古島 ファンダイビング 伊良部島 クロスホール
クロスホール

1本目はクロスホールへ。
エントリーしクロスホールへ向かう途中にはハナミノカサゴがゆらゆらとゆっくりと泳いでいました。
ナガレハナサンゴにはオランウータンクラブがいました。
ホール入口まで行くとアカヒメジやノコギリダイの群れを見ました。
ホールに入るとたくさんのアカマツカサやハタンポ、その先にはホールに入る太陽光でとっても幻想的な世界が広がっていました。
朝一のクロスホールに一番乗り、濁りもなくキレイなホールを見ながら上を見上げると北海道に見える穴が!
壁にはウコンハネガイもピカピカと光っていました。
ホールをゆっくりと浮上して外に出るとバブルのカーテンがキレイ、たくさんのオヤビッチャやノコギリダイを見ながら帰って来ました。

宮古島 体験ダイビング 伊良部島 クロスホール
体験ダイビング

体験ダイビングチームは、スキルの練習をしてゆっくりとエントリー。
呼吸にも直ぐに慣れとっても楽しそうな顔をしていました。
ホールの上ではファンダイバーを見ながらたくさんのお魚をウオッチング。
ホールの上ではカメを見たそうです。
船下周辺では地形も楽しみながら初ダイビングを楽しんで来ました。
認定ダイバーに負けないくらいとっても上手に中性を取って泳いでいました。

【2本目 L字アーチ&Wアーチ】

宮古島 ファンダイビング 伊良部島 Wアーチ ホワイトチップリーフシャーク
ホワイトチップリーフシャーク

ファンダイビングチームはL字アーチ&Wアーチのポイント2カ所を攻めて来ました。
エントリーすると今日もアカモンガラがいっぱいです。
L字アーチの下にはロウニンアジが回遊していました。
ダイナミックなアーチを通ってワープホールへ。
入口にはヨスジフエダイがいっぱい、ホールに入るとアカマツカサやホウセキキントキを掻き分けるように長ーいトンネルを抜けて行きます。
途中、ショウグンエビがいました。
ホールを抜けWアーチへ向かい1つ目のアーチをくぐるとホールの入口が!
ホールに入るとハタンポが水中ライトに照らされギラギラとしてとってもキレイ!
ウコンハネガイやカノコイセエビも見る事が出来ました。
ホールを抜けると右上にハートのアーチが見えて来ました。
亀裂の間を通ってゴロタへ。
ボート下の穴の中にはホワイトチップリーフシャークがお休みしていました。

宮古島 体験ダイビング 伊良部島 Wアーチ
体験ダイビング

体験ダイバーチームはファンダイバーのお友達と一緒にWアーチでダイビングを楽しんで来ました。
本日2本目の体験ダイバーさん、中性を取りながらのダイビングにも慣れとっても上手にダイビングしています。
ファンダイバーのお友達と一緒に仲良くダイビング。
クレパスを通り進んで行くと目の前にハートのアーチが見えて来ました。
2人共ハートのアーチへ向かって泳ぎアーチの下でお二人そろってポーズ!
ボートに戻る途中の大きな穴の中でサメを見ながら帰って来ました。

【3本目 オーバーハング】

宮古島 ファンダイビング 伊良部島 オーバーハング ブタサンゴ
ブタサンゴ

3本目はのんびりゆっくりとお魚ウオッチングです。
カメに出会う事を期待してエントリー。
先に体験ダイバーがエントリーして後を追うようにゆっくりとお魚を見ながらオーバーハングへ向かって移動。
たくさんのアカモンガラとキンギョハナダイ、アカネハナゴイも背びれを立てて乱舞いです。
大きなモンガラカワハギを見ながらオーバーハングまで行くとクマノミがいました。
たくさんのアカモンガラに混ざってカスミチョウチョウウオも!
カメを探すもカメには出会う事が出来ずオーバーハングの下へ。
オドリハゼが砂地の穴から出てきてました。
根に戻って再びカメを探しましたが現れず・・・
帰り際にはブタサンゴを見ながら浅瀬でフリータイム。
サンゴの中にはたくさんのカニが住んでいました。

宮古島 体験ダイビング 伊良部島 オーバーハング アオウミガメ
体験ダイビング

ファンダイバーチームより先にエントリーした体験チーム。
エントリーして真っ直ぐオーバーハングへ。
オーバーハングでは2匹のアオウミガメが根の上に!
本日2回目のカメに出会う事が出来た体験ダイバーさん。
カメとのツーショットを撮ってたくさんのキンギョハナダイに囲まれながら上手に泳いでいました。
とっても充実した3ダイブでした。

スタッフ大募集!
宮古島ダイビングアクアティックアドベンチャーではダイビングスタッフを募集中。
日本人に限らず外国人の方も経験者、英語・中国語話せる方大歓迎!
詳しくはメールまたは下記までお問合せください。
TEL 0980-79-5009
recruit@miyako-aquaticadventure.com

ご予約は
TEL 0980-79-5009
ご予約送信フォーム

アクアティックアドベンチャー公式LINE
ID : @miyakojima_diving

LINEで送る

午前中は下地で体験とファンダイビング・午後から伊良部でファンダイビング(9/26)

2017年9月26日 晴れ 気温:31℃ 水温:28℃ 風:

9月26日の海ブログ。
午前中は体験ダイビングとファンダイビングで下地方面へ、午後からはファンダイバーのゲストと一緒に伊良部方面へ行って来ました。

【1本目 中の島ホール】

宮古島 ダイビング 中の島ホール
中の島ホール

1本目は中の島ホールで体験ダイビングとファンダイビング。
ファンダイビングチームは中の島ホールへ向かい水深5m位のところにあるホールから25mまでの縦穴を降りて行きました。
真下からホールを見上げるとブルーがとってもキレイです。
海に向かって横に移動して行くとムーミンの横顔に見える穴が!
ムーミンに向かってホールを出ると壁際にカクレクマノミとクマノミがいました。
体験チームは船下根の周辺で初体験のゲストとベテラン体験ダイバーのゲストと一緒にお魚ウオッチング。
最初は不安だったゲストも直ぐに慣れ水中世界を楽しんでいました。

【2本目 魔王の宮殿】

宮古島 ダイビング 魔王の宮殿
魔王の宮殿

2本目は魔王の宮殿へ。
エントリーする前から興奮気味のゲスト、期待が膨らむ中エントリして魔王のエントランスへ。
光が差し込みとってもキレイなエントランス。
長いケーブを抜け宮殿に近づくにつれ明るくなり、宮殿内は太陽光が差し込んでとっても幻想的な世界が広がってました。
ゲストは釘付け、写真撮影にも夢中です。
濁らないようにしっかり中性をとって奥の部屋へ。
2本の光のビームが見れました。
体験ダイバーのゲストはシュノーケリングして楽しんで来ました。

【3本目 L字アーチ&Wアーチ】

宮古島 ダイビング Wアーチ
Wアーチ

港でランチタイムを終え再出港して3本目は伊良部へ向かいました。
とっても地形好きのゲスト、3本目も地形リクエストでしたのでL字アーチとWアーチを一気に潜って来ました。
エントリーすると流れが・・・
L字アーチに向かって行く途中ではアカモンガラやグルクンの群れがいっぱいです。
L字アーチの穴の上を通ってアーチの下へ。
ダイナミックな地形を見ながらアーチをくぐりワープホールへ。
ホール内ではアカマツカサやホウセキキントキ、カノコイセエビを見ました。
ホールを抜けてWアーチへ向かいトンネルへ。
ウコンハネガイを見ながらケーブを抜けるとハート形のアーチが!
亀裂の間を通ってぐるっと回って帰って来ました。

ご予約は
TEL 0980-79-5009
ご予約送信フォーム

アクアティックアドベンチャー公式LINE
ID : @miyakojima_diving

LINEで送る

伊良部で午前中にファンダイブ・午後から体験ダイビング後に夜はナイトへ(9/8)

2017年9月8日 晴れ 気温:30℃ 水温:30℃ 風:

本日は午前中にアドバンス講習の続きと午後から体験ダイビング2本、夜は来間のビーチでナイトダイビングをしてきました。

【1本目 L字アーチ】

沖縄 宮古島 ダイビング L字アーチ
L字アーチ

アドバンス講習2日目は選択テーマで水中写真をやってみた~いと言う事でしたので2人共デジタルカメラを持ってエントリー。
船上で使い方と撮影の仕方を説明。
上手に撮る事できるかなぁ~
地形の撮影の仕方や小物の撮影の仕方、フラッシュの使い分けなど勉強しながら実際に被写体を撮影して勉強してきました。
ワープホールではマクロモードやワイドモードに切り替えながら一生懸命写真撮影していました。

【2本目 白鳥崎】

沖縄 宮古島 ダイビング 白鳥ホール
白鳥ホール

コンパスナビゲーションの予定が・・・
L字アーチでコンパス紛失したためファンダイビングに変更して明日の1本目でコンパスナビゲーションをする事に!
と言う事で2本目は白鳥崎、デンターロックと白鳥ホールへ行って来ました。
ここでもカメラを片手に写真の撮り方の勉強しながらダイビングを楽しんでいました。
大きな歯の形をした岩、穴の中にはハナミノカサゴがお休み中でした。
グルクンの群れを見ながら白鳥ホールへ向かいホールに入るとレーザービームが真っ直ぐ入っていました。
ちょっとだけうねりは有りました。
ホールのいたるところにハナミノカサゴがいっぱいいました。

【3本目 Wアーチ】

沖縄 宮古島 ダイビング Wアーチ
体験ダイビング

午後からはゲストが入れ替わり、午後出港で2ボート体験ダイビングで伊良部へ行って来ました。
ゲストのお一人はライセンスをお持ちでしたがブランクがあるため体験ダイビングでご参加。
うねりが少しあり、耳抜きもちょっと苦労しましたが無事に潜降が出来ました。
記念写真を撮って浅瀬の根を周りながらたくさんのお魚をウオッチング。
亀裂の間からハートのアーチに向かいハートのアーチをみながらぐるっと一周して来ました。
クマノミやヤマブキベラ、チョウチョウウオ、スズメダイなどに出会いました。

【4本目 崖下】

沖縄 宮古島 体験ダイビング 崖下
崖下で体験ダイビング

体験ダイビングの2本目は崖下へ向かいました。
エントリーしてハナダイの根に向かい、たくさんのキンギョハナダイやハナゴイ、ウメイロモドキの群れ、アカネハナゴイ、グルクンの群れ、ハマクマノミなどたくさんのお魚に囲まれました。
しばらくお魚ウオッチングしてクマノミに会いに向かいました。
クマノミといっちょにツーショットを撮りながら大きな岩の周りを周っているとハナミノカサゴやヘラヤガラ、アカヒメジの群れに出会いました。
久々のダイビングにちょっとお疲れのゲストでしたが、水中世界を楽しんで来ました。

【5本目 来間ビーチ】

沖縄 宮古島 ナイトダイビング 来間ビーチ
ヤドカリ

タイからお越しのリピーターのゲストと一緒に夜は来間島のビーチへナイトダイビング。
遠くで雷が聞こえますが雨は全く降らず月明かりに照らされる海を見ながら岸壁からジャイアントエントリー。
今日もエビ・カニ系がいっぱいの来間のビーチ。
大きな大きなヤドカリがサンゴの上を歩いていました。
イソギンチャクの中にはお休みモードのカクレクマノミ、ゴンズイの群れやヒラムシ、大きなウミウシ、背びれをたてているチョウチョウウオがあっちこっちでお休み中です。
サンゴの中にはエビカニやデバスズメダイ、ミスジリュウキュウスズメダイがお休み中でした。

ご予約は
TEL 0980-79-5009
ご予約送信フォーム

アクアティックアドベンチャー公式LINE
ID : @miyakojima_diving

LINEで送る

ファンダイビング・体験ダイビングで伊良部へ(9/6)

2017年9月6日 晴れ 気温:30℃ 水温:30℃ 風:南

伊良部島の崖下・オ-バーハングへ行って来ました。

【1本目 Wアーチ&L字アーチ】

沖縄 宮古島 ファンダイビング 体験ダイビング Wアーチ
Wアーチ

1本目はWアーチへ向かい、体験ダイビングチームはWアーチ、ファンダイビングチームはL字アーチとWアーチでダイビングを楽しんで来ました。
L字アーチへ向かうとアーチの下ではカスミアジが数匹群れ、ナポレオンも現れました。
アーチの下にはスカシテンジクダイの群れがいっぱいでした。
そのままワープホールは通らずWアーチへ向かい洞窟へ。
ウコンハネガイガいつものところで光っていました。
洞窟を出るとハートのアーチが見えみんなで写真大会!
体験ダイバーの姿も見え楽しそうにダイビングしていました。

【2本目 白鳥崎】

沖縄 宮古島 ファンダイビング 体験ダイビング デンターロック
白鳥崎

2本目は白鳥崎へ。
体験を楽しんだゲストはシュノーケリングへ向かいファンチームはデンターロックへ向かいました。
デンターロック近くにはクマノミ、ちかくの岩にはヨスジフエダイの群れていました。
デンターロック周辺にはイッセンタカサゴ(グルクン)の群れ、歯槽膿漏になった大きな岩の穴の中にはハナミノカサゴがゆらゆらと!
穴を抜けるとウメイロモドキの群れが現れました。
うねりが有りそうでしたが白鳥ホールへ向かい光のビームを見ながら帰って来ました。

【3本目 クロスホール】

沖縄 宮古島 ファンダイビング クロスホール
クロスホール

ラストダイブは常連のゲストをお迎えしてクロスホールへ行って来ました。
エントリーしてホールに向かう途中にはコールマンウミウシがいっぱい、近くのナガレハナサンゴにはニセアカホシカクレエビがいました。
クロスホール入口にはアカヒメジやノコギリダイの群れていました。
ホールに入るとハタンポやアカマツカサいつも通りに群れながら泳いでいます。
今日もホールに差し込む光はとってもキレイです。
ウコンハネガイを見ながら北海道に見える穴に向かって浮上。
船に戻る途中ではタイマイに出会いました。
体験ダイバーのゲスト、「カメが見た~い」願いが叶いましたね。

ご予約は
TEL 0980-79-5009
ご予約送信フォーム

アクアティックアドベンチャー公式LINE
ID : @miyakojima_diving

LINEで送る