到着後のゲストを長山港でお迎えして下地でダイビング

2019年10月04日 天気:晴れ 気温:29℃ 水温:27.8℃ 風:北東→東北東

本日は1ダイブ後に下地空港に到着後のリピーターさんと2ダイブの体験のゲストを長山港でお迎えして下地へ。

【1本目 女王の部屋】
地形ダイビング大好き宮古島2回目のゲストのお二人と体験ダイビングにご参加のメンズ3人をお迎えして女王の部屋へ。
ツインケーブとなるほど・ザ・ケーブの真ん中あたりのブイをとって体験ダイビングチームは浅瀬のなるほど・ザ・ケーブ方面へ、ファンダイビングチームは女王の部屋へ行って来ました。
女王の部屋に入ると砂が舞ってちょっとニゴニゴ・・・
ヤマブキハゼを見つけるのがたーいへんでしたのでそのままホールへ。
いつもの場所にいつものホシゾラワラエビが今日もいました。
水中ライトをあてると光ってとってもキレイです。
深場へ行くと3つの穴から光が差し込みとっても幻想的な世界が広がっていました。

【2本目 通り池】
2本目は通り池へ。
前回、行くことが出来なかったゲスト、念願の通り池へ行って来ました。
浅瀬からゆっくりと通り池の入口へ。
ドロップ沿いにはキンギョハナダイが群れホシゾラワラエビも大きい個体と小さい個体がいました。
ケモクラインを見ながらゆっくりと池の浮上!
今日も観光客の被写体に?
お互い写真の撮りあいッ!
静かな池でのんびりと浮かびながら休憩!
お昼寝しちゃいそうなくらい気持ちよかったですよ~
再潜降して池の底には岩の上にはハナビラクマノミもいました。
ゆっくりと中層を海に向かって大きなアーチをくぐるとイッセンタカサゴやウメイロモドキ、クマザサハナムロの群れ、カスミチョウチョウウオもいっぱい群れその中にスミレナガハナダイも!
魚影がとっても濃かった。
体験ダイビングはマンツーマンで浅瀬の根でお魚ウオッチング。
通り池からウォールケーブ方面へ向かい浅瀬でたくさんのお魚を見て楽しんで来ました。

【3本目 中の島ホール・中の島チャネル】
3本目は中の島へ移動して体験チームは中の島チャネルへ。
浅瀬ではクマノミやロクセンスズメダイを見ながら地形も楽しんで来ました。
ファンダイビングチームは中の島ホールへ。
水深5m位のところから一気に25mまで落ちる縦穴。
上を見上げると淡いブルーの光。25mまで降りるとミナミハタンポが群れ身体がぎらぎらと光に当たって光っていました。
海に向かっていくとムーミンの横顔!
アカククリや砂地にはヤマブキハゼ、アマミスズメダイの群れを見ながらホールを抜け浅瀬に向かうとカクレクマノミとクマノミが並んでイソギンチャクの中から顔を出していました。

ダイビングスタッフ大募集!
宮古島ダイビングアクアティックアドベンチャーではダイビングスタッフを募集中。日本人に限らず外国人の方も経験者、英語・中国語話せる方大歓迎!詳しくはメールまたは下記までお問合せください。
TEL 0980-79-5009

宮古島でのファンダイビングはアクアティックアドベンチャーへ
初心者からベテランダイバーさんまで毎日ボートで出港!
到着後ダイビング・お一人様でのご参加も大歓迎!
<ご予約は>
お電話 0980-79-5009
送信フォーム https://www.miyako-aquaticadventure.com/form.html

Pond・Pond・Pond Diving

2019年05月15日 天気:晴れ 気温:28℃ 水温:26.6 風:北

本日は7月から下地島に就航予定の香港エクスプレスの機内誌に紹介される宮古島のダイビングスポットの写真撮影のため下地方面へ。

【1本目 通り池】
宮古島の三大スポットかと思ったら池ポイント3か所に行きたいと言う事で3か所の池ポイントに行って来ました。
1本目は通り池へ。
北北西の予報が入っていたので心配でしたが北風に変わっていて全く影響なく今回の一番の目的地の通り池に行く事が出来ました。
大きなカメラをもって通り池へ。
池につながるアーチの下ではイソマグロが回遊!
今日の通り池はケモクラインがくっきりと分かれていました。
透明度の悪い中をゆっくりと池に向かって浮上。
今日は観光客の方たちがいっぱい!
池の中でしばらく撮影タイムを取って再度潜降。
ハナビラクマノミを見ながら大きなアーチへ。
真っ白な砂地がとってもキレイでした。
キンギョハナダイの群れを見ながらボートに戻ってきました。

【2本目 蜂の巣ホール】
満潮に近い時間帯にミニグロットに行きたかったので2本目は蜂の巣ホールへ。
蜂の巣ホール入り口手前にはハマクマノミや真っ黒なクマノミが、ハマクマノミの撮影に夢中のカメラマン、ホールに入ると光のビームが、その先にはホワイトチップリーフシャークが泳いでいました~
海から光が入るホールは濃いブルー、池に向かうケーブを抜け池に浮上。
とっても静かな池、写真撮影に夢中のカメラマン、「メキシコのセノーテのようだ」と!
撮影に一区切りついたら再度潜降して同じルートを戻っていくと光のビームがさらに明るくなっていました。

【3本目 ミニグロット】
個人的にも下地方面でお気に入りのポイントミニグロット。
カメラマンも期待しながらミニグロットへ。
水深10mほどの場所に池につながる洞窟、ケーブに入ると池から差し込む淡いブルーが見え池に向かってゆっくりと浮上!
池の中はまさにセノーテ!
透明度がよくゲストも大興奮しながら写真に夢中のカメラマン。
しばらく池の中を楽しみながら先行してベンツマークのアーチへ。
ゆっくり写真撮影タイム取って洞窟の外へ。
帰りは少し流れに向かいながらホワイトロードを通って戻ってきました。

ダイビングスタッフ大募集!
宮古島ダイビングアクアティックアドベンチャーではダイビングスタッフを募集中。日本人に限らず外国人の方も経験者、英語P・中国語話せる方大歓迎!詳しくはメールまたは下記までお問合せください。
TEL 0980-79-5009

宮古島でのファンダイビングはアクアティックアドベンチャーへ
初心者からベテランダイバーさんまで毎日ボートで出港!
到着後ダイビング・お一人様でのご参加も大歓迎!
<ご予約は>
お電話 0980-79-5009
送信フォーム https://www.miyako-aquaticadventure.com/form.html

香港からお越しのゲストをお迎えして下地へファンダイビング

2019年05月11日 天気:晴れ 気温:27℃ 水温:26.0 風:東北東

本日は香港からお越しのゲストをお迎えして下地方面へ3ボートファンダイビングに行って来ました。

【1本目 蜂の巣ホール】
1本目はチェックダイブも兼ねて浅場の地形ポイントの蜂の巣ホールへ。
ボート下に集合して蜂の巣ホールへ。
ホール入り口手前にはハマクマノミや真っ黒なクマノミ、ミツボシクロスズメダイがいました。
ホールに入ると1つ目の大きなホールには淡いブルーの光が入り上を見上げると水面がとっても透き通っていました。
短いケーブを抜けてゆっくりと池に向かって浮上!
天気も良く晴れていると気持ちがいいですね。
ちょっと寒い感じもしますが、み~んな元気に集合して「ハイポーズ!」
再潜降してきたルートを戻りながらハタンポやアカマツカサを見ながらボートに戻ってきました。

【2本目 魔王の宮殿】
2本目は魔王の宮殿へ。
ちょうど太陽が真上に来る頃の時間帯でしたので期待しながらエントリー。
流れが少しありましたが、すぐにホールから魔王の宮殿のエントランスへ。
昨日と全く違う様子のエントランス、光が入ってとってもきれいです。
魔王の宮殿に近づくにつれケーブ内が明るくなり期待大!
今日は淡いブルーの光がしっかりと入っていました~
ゲストの方も写真に夢中になりながらブルーの光の下でポーズ!
さらに奥にある魔王の寝室に行くと、今日は光が入っていました~
久しぶりに見た魔王の寝室の光、砂地に照らされとっても幻想的な空間を演出していました。
寝室から宮殿に戻りエントランスに向かうとブルーが一層濃くなっていた気がします。
魔王の宮殿を出てから2グループに分かれ、1グループはグーニーズケーブに向かいカノコイセエビなどを見ながら楽しんで来ました。

【3本目 通り池】
リクエストの多かった通り池。
み~んな事前にポイントチェックしていたのでしょうか出港時から「通り池に行きた~い」と。
エントリーするとボート下にはたくさんのカスミチョウチョウウオ。
そして池に向かう壁際にはたくさんのキンギョハナダイが泳いでいました。
流れもなく池に向かう大きなアーチの下を通りながら池に向かいゆっくりと浮上。
青空が見えるって気持ちいいですね。
観光客のかたもちらほらと見えました。
しばらく池に浮きながら休憩、お互いに写真を撮り合いっこしてるゲスト。
再潜降して水深18m位のところにはハナビラクマノミもいました。
ケモクラインを見ながら海に向かって大きなアーチをくぐりボート下に戻ってきました。
アーチ下での中層移動はとっても気持ちがいいですね。
み~んな宮古島の地形にどっぷりとハマってきましたよ~

ダイビングスタッフ大募集!
宮古島ダイビングアクアティックアドベンチャーではダイビングスタッフを募集中。日本人に限らず外国人の方も経験者、英語・中国語話せる方大歓迎!詳しくはメールまたは下記までお問合せください。
TEL 0980-79-5009

宮古島でのファンダイビングはアクアティックアドベンチャーへ
初心者からベテランダイバーさんまで毎日ボートで出港!
到着後ダイビング・お一人様でのご参加も大歓迎!
<ご予約は>
お電話 0980-79-5009
送信フォーム https://www.miyako-aquaticadventure.com/form.html

伊良部で1ダイブ・到着後のゲストをお迎えして下地で2ダイブ

2019年03月09日 天気:曇り 気温:19℃ 水温:24.0℃ 風:南東→東南東→東

本日は伊良部島方面でファンダイビングと体験ダイビングを1ダイブして港に戻り、到着後のゲストをお迎えして下地方面へ向けて再出港、下地で2ダイブしてきました。

【1本目 クロスホール】
体験ダイビングチームとファンダイビングチームに分かれてエントリ―。
ファンダイビングチームはエントリーしてゆっくりとクロスホールへ向かいました。
初めての地形ダイビングにワクワクするゲスト、ホール内ではミナミハタンポやアカマツカサの群れを見ながら北海道の形した穴から差し込む光が砂地を照らしてとってもブルーがキレイでした。
体験ダイビングチームは3チームに分かれてエントリ―。
それぞれのチームごとに水中世界を楽しんで来ました。
ホールから出るバブルのカーテンも綺麗でしたね。
タイマイにも出会う事ができとっても楽しく体験ダイビングして来ました。

【2本目 ミニグロット】
東京からの直行便のゲストをお迎えして下地方面へ、ミニグロットへ行って来ました。
地形ダイビングリクエストのゲスト、エントリーしてホワイトロードを横切ってコーナーを回りミニグロット入口へ。
長いケーブを抜けると池が見え、池から差し込むブルーがとってもキレイでした。
浮上して池で少し遊びながら再潜降!
ベンツマークの形した地形を見ながらケーブを抜け、ホワイトロードを通ってボートに戻って来ました。

【3本目 通り池】
「通り池に行きた~い」とゲストのリクエストにお応えして3本目は本家お隣の通り池へ。
エントリーして大きなアーチを通って池へ。
池の底にはハナビラクマノミがいました~
二の池まで行きたいとリクエストがありましたので二の池まで向かい池に浮上。
少し休憩してから再潜降して海へ向かってケモクラインを見ながら進むと、白い砂地にに砂紋ができててダイナミックな地形にも圧倒されながらキンギョハナダイやハナゴイを見ながら楽しんで来ました。

体験ダイビングにご参加のゲスト、浅瀬で水中世界を楽しんで来ました。
ボート下には真っ赤なイソギンチャクの中にハマクマノミ、その近くではアンナウミウシに出会いました。ウオールケーブ側の浅瀬に移動しながらお魚ウオッチング。
アオウミガメに出会う事ができましたよ~
何度か体験しているゲスト、ウミガメは初めてだったようで感動!
流れもなくとっても楽しくダイビングして来ました。
次回はライセンスにも挑戦してお友達と一緒に通り池に行けたらいいですね!

ダイビングスタッフ大募集!
宮古島ダイビングアクアティックアドベンチャーではダイビングスタッフを募集中。日本人に限らず外国人の方も経験者、英語・中国語話せる方大歓迎!詳しくはメールまたは下記までお問合せください。
TEL 0980-79-5009

宮古島でのファンダイビングはアクアティックアドベンチャーへ
初心者からベテランダイバーさんまで毎日ボートで出港!
到着後ダイビング・お一人様でのご参加も大歓迎!
<ご予約は>
お電話 0980-79-5009
送信フォーム https://www.miyako-aquaticadventure.com/form.html

到着後のリピーターさんをお迎えしてファンダイビングに体験ダイビング

2018年12月30日 天気:曇り 気温:17℃ 水温:24.8℃ 風:北北東

ようやく風もおさまり、ボートダイビングを再開です。
本日はファンダイビングと体験ダイビングで下地方面へ。

【1本目 通り池】
1本目は宮古島三大スポットの一つ「通り池」。
昨日リフレッシュしたファンダイバーのゲスト、東京からの直行便のゲストが到着する前にマンツーマンで1ダイブ。
うねりがまだまだ残っていましたが、水中ではほとんど影響なくゆっくりと潜降。
大きなアーチをくぐるとうっすらと淡水と海水の境界線のケモクラインが見えて来ます。
透明度が少し落ちますがゆっくと池に向かって浮上。
観光客の姿はありませんでしたが、昨年観光で陸上から訪れたゲスト、今日は海から通り池へ行きました~
壁沿いにはたくさんのキンギョハナダイやアカモンガラ、カスミチョウチョウウオ、グルクンの群れ、スミレナガハナダイなどを見ながら楽しんで来ました。

【2本目 アントニオガウディ】
東京からの直行便で到着のリピーターさんと2ボート体験ダイビングのゲストをお迎えして再び下地へ向けて出港。
ファンダイビングチームはアントニオガウディへ。
エントリーしてガウディへ向かう途中ではたくさんのアカモンガラの群れ、グルクンやハナゴイの群れ、アカヒメジやホウセキキントキを見ました。
アーチやトンネルなど 複雑な地形のガウディはまさに自然が作った造形美!
ダイナミックな地形を楽しみながらボートに戻って来るとマンタが登場!
見れなかったゲスト、見れたゲストといましたが楽しく潜って来ました。
体験ダイビングチームは2グループに分かれてエントリ―。
中には今回で4回目の体験ダイビングのゲスト、マイ器材を使ってのダイビング。ファンダイバーと変わらないくらいに中性浮力もしっかり取れ、フィンワークもバッチリ。とっても上手にダイビングしながら他のゲストたちと一緒に定番のハマクマノミやクマノミを見ながら楽しんで来ました。マンタが見れたラッキーな体験チームもいましたよ~

【3本目 サンゴホール&なるほど・ザ・ケーブ】
本日のラストダイブはサンゴホール&なるほど・ザ・ケーブ。
ファンダイビングチームはサンゴホールに向かいホール内でホワイトチップシャークやアカマツカサの群れ、ホウセキキントキ、ミナミハタンポの群れを見ながらホールを抜けてなるほど・ザ・ケーブへ。
入口と出口が同じ洞窟、左回りにケーブに入って直ぐに広い空間がありその先はせまい空間を通ると広い空間に、頭上の穴からは光が入りとってもキレイです。
またまた狭い空間を通るとその先には広い空間が!
アカマツカサやハタンポを見ながら楽しんで来ました。
体験ダイビングチームは2グループに分かれエントリー。
サンゴホールとなるほど・ザ・ケーブ周辺の浅瀬でたくさんのお魚をウオッチングして来ました。
今日もいつもの場所にはタイマイ、船下付近で遊んでいると今度はアオウミガメにも出会う事ができました。

スタッフ募集!
宮古島ダイビングアクアティックアドベンチャーではダイビングスタッフを募集中。日本人に限らず外国人の方も経験者、英語・中国語話せる方大歓迎!詳しくはメールまたは下記までお問合せください。
TEL 0980-79-5009